今年も残り、30分程ですが。

2014年はトリコに取って素晴らしい年でした
心のしんどいのがなくなって、頭や、体をたくさん使えるようになった
そういう疲労はとても誇らしいものです
心はぬくぬく、しているよ
年末年始は少しゆっくりして
アルバムを仕上げにかかります。
今年はとても楽しかった。
初のアジアでのリリース、アジアツアーへと行けて
赤坂Blitz、梅田AKASOでワンマンして
komakiが抜けて、でもkomakiもちゃんと、新しいことをたくさん始めて

tricotもみよさんと出会い、初ライブは日本でマキシモパークの前座。
初めての国内ワンマンツアーや、ヨーロッパツアー、4本のフェスと、イギリスでのpixiesのO.A、ベニューでのライブ。

日本でのフェス。ロッキンは去年の何倍もの人が見にきてくれて、ラッシュボールは初出場。
そこからはひたすらに曲を作って、その合間にSiMのツアーに呼んでもらったり。
みよさん以外にも、FLiPゆうみちゃん、千住宗臣氏、脇山広介氏にライブで叩いてもらったり、サカタイ、MAMAマナブさんとも数曲一緒にやったり。
BOBOさんや、ほかにもたくさんのドラマーと曲作り、レコーディングしたり。刺激的でした。

年末のカウントダウンジャパンも、去年の何倍もの人が、来てくれた。嬉しかった。

変な言い方やけど、減ってたって、全然おかしくないのに。
ほんまに、みんなありがとう。

あとは、個人的にも刺激の強い一年でした。

10-FEETのライブで歌わせてもらったり、コンピでコラボしたり
jizueのアルバムで歌わせてもらったり、ライブでコラボしたり
cinemastaffとのツーマンで大好きなinto the greenをコラボして歌わせてもらったり
クリープ尾崎さんの雑誌の付録で歌わせてもらったり、
なんか夢のようなことが、一気にあったのです。

そして秋には念願の爆祭ツアーが3都市にて開催できました。
DENIMS the band apart
The Spring Summer ストレイテナー
bacho 後藤まりこ
来てくれたみんなありがとう
震えた。

そして、今年は出会いも多かったけど、別れもたくさんあった。
ずっと仲良くしてくれたTHE米騒動の活動休止、ecosystemの解散。かっさんがRATをやめること、見放題だいちゃんとの別れ。お別れに行けなかった。
他にもたくさんあった。

ここ数年は出会いも別れもめまぐるしくて、あやふやになってしまうこともあったけど、しっかりと、悲しかったし、悔しかった。

でも、終わりあるものは、全て美しいとも思えた。だから、afterschoolという歌にした。

tricotもいつかは絶対になくなるし、
わたしもいつか絶対に死ぬ。
今も一秒一秒、死に近づいている
でも、一秒、一秒、死んでいくよりは
一秒、一秒、生きていきたい。
来年も、生きるように生きるさ。

ということで、今年もたくさんありましたが、来年は、おそらく今年よりも、たくさんたくさん、良い意味で皆様をびっくりさせたいと思っておりますので、
引き続きよろしくお願い致します。

2014年を愛しています。