Wang-Sang トリコロールラグランT

Wang-SangにトリコロールカラーのラグランTが登場。
右腰にはこれまで通り、tricot手書きロゴ。数量限定!

¥2,800 / トリコロールカラー (S, M, L, XL)
-Designed by Ikkyu Nakajima / Product by LUCK’A-

tricolor_rag


LIVE in Hong Kong

香港での初ライブが終了してしまった〜。
アジアツアーが始まって、二ヶ国目が終わり、
一ヶ所目の台湾と違って香港は初めて。

香港はWHITE NOISE RECORDSという
超COOOOOLな所からリリースさせてもらいました。

各箇所でT H Eを買って待っててくれた人たちが居て
これから行く3ヶ所でも待っててくれてる人がたくさん居て
本当に嬉しい。

初めて日本で全国リリースをした時の気持ちを思い出しました。
小学生と宇宙というミニアルバムをリリースして、
初めて全国ツアーをした時に、
初めて行く場所、初めて会う人ばかりなのに既に曲を知ってて
私たちがその場所に行くのを待っててくれる人がたくさん居た事。
そして何度も行くたびに待っててくれる人が増える事。

それが日本だけじゃなくて、他の国でも出来た事、本当に嬉しいです。
良い意味で日本と何も変わらないと思う事もたくさんあった。
だから、何も特別な事ではないと思う。
でも、誰でも出来る事じゃない。誰でもさせてもらえる事じゃない。
そう思いました。なので、言葉にできないくらい嬉しいし
絶対この経験を無駄にしない!!

こっちにきて、話した中で、日本までライブを見に行った事があるって言ってくれた人も何人かいました。今度は自分からその人に会いにいけたって事が嬉しいな〜
あと、みんな頑張って日本語覚えて来てくれてて、日本語でたくさん話した!
日本語で書いた手紙をくれる人も!!
少し間違ってる所もあるんやけど、そこがまた愛おしくて。。
本当にありがとう!!

また絶対来たいです。
戻ってきたい場所がたくさんあって、嬉しいなと思うし、
そう思った時に、日本の、今までに行った色んな場所も思い出します。
食い気味の広島にも行きたいな〜とか、
ごいごいの仙台にも行きたいとか
おなじみの北海道とか、優しい沖縄とか
今まで行った場所全部ですけど、笑
みんな元気かな〜と、考えます。会いたいです。
もちろんまだ行った事ない所にも
行きまくりたい!

うん、でもまだまだ頑張って!
それから会いにいきます!
春にはどっこいしょツアーもあるしね!!!!!

今日対バンのtfvsjs、それからゲイリー、Hidden Agenda、そして来てくれた皆、
ずっと一緒に居てくれるカメラマンのヴィオラ、
本当にありがとう!!

たくさん楽しい想い出になったのは皆のおかげです!
さいごにヴィオラが撮ってくれた写真をいくつかのせるぜ!
では。

これ撮ってくれたのはヴィオラじゃないけど
香港の特別なスタバ!
securedownload-24

お昼

securedownload-26

船に乗った!

securedownload-27

二階建ての路面電車!

securedownload-29

モノレールに乗った!
securedownload-5

securedownload-2

securedownload-10

山頂から夜景見た!

securedownload-11

securedownload-1

securedownload-3

ヴィオラも一緒に

securedownload-4

securedownload-7

私を撮ってるヴィオラ。笑

securedownload-31

香港っぽい

securedownload

securedownload-9

securedownload-22

香港のガチ勢達★

securedownload-13

大好きなゲイリーと!

securedownload-15

tfvsjsのメンバーとヴィオラ

securedownload-17

securedownload-18

securedownload-8

みんなで!!
securedownload-16

番外編
tfvsjsのギタリスト
どことなくkenkenに似てない、、??
イケメン!
securedownload-32


Asia tour 2014

Asia tourが始まりましたよ!!ついに!!
まずは唯一、一度行った事のある台湾、THE WALLにてライブでした。
ライブ前日の夜に台湾に到着。
カメラマンのヴィオラに再会!!泣
そして今回お世話になるTHE WALLのメイさんと一緒にごはん!
台湾の料理おいしい〜〜〜〜
メイさんは年下やけど日本語も英語もペラペラで頼りになる(そして長澤まさみ似の美人)

ライブ当日はtricotのCDを置いてくれているCD SHOPへ!
%E5%86%99%E7%9C%9F%203-2

なんか新鮮!!

%E5%86%99%E7%9C%9F%201-2

帯ではこの日共演したELEPHANT GYMのギタリストがコメントを書いてくれています。
嬉しい〜〜〜〜〜〜〜〜

%E5%86%99%E7%9C%9F%202-2

ELEPHANT GYMとてもcool!!そして若い。Baの女の子可愛い!笑
何より曲がカッコいい!!!インストバンドです。
是非聞いてください!ライブも最高でした。

私たちのライブはというと、、、
二回目の台湾、どうなる事かと思ったけど、
お客さんがTHE WALLい〜〜っぱいになるくらい来てくれていて
暖かいお客さんばっかりで、本当に幸せな時間を過ごせました。
みんなで「完蛋了!」叫んだのも楽しかった!
%E5%86%99%E7%9C%9F%203-1
(Photo by VIOLA)

%E5%86%99%E7%9C%9F%205-1
(Photo by VIOLA)

台湾でも「T H E」をリリース出来て、本当に嬉しいなと改めて思いました。
それでtricotを知ってくれたひともきっとたくさんいるんやろうなぁと思うし、
そしてリリース後に台湾に来れて、ライブが出来てよかった。
たくさんのひとに感謝です。
台湾でリリース出来て、台湾でライブ出来る事は
誰でも出来る事じゃない。
こうさせてくれたたくさんの人に本当に感謝!何度でも!
前回共演してくれたOrange grassのメンバーも見に来てくれてたし
本当に嬉しい。早くまた来たいです。皆との別れが寂しかった。

あとびっくりしたのが、日本から駆けつけてくれたいわゆるガチ勢たち!笑
本当にびっくりしたし、まさかすぎてわからなかった。
現地の人から、日本から今回のライブに来るのは凄く大変と聞きました。
お金や交通手段はもちろんやけど、チケット取るのがネットじゃないと無理で、
それも中国語がわからないと出来ないから難しいって。
だからすごく大変だったと思うと言われて、
もうなんとも言い表せない、感謝です。本当にありがとう!!!!
しかも素晴らしかったのは、台湾のファンの皆と仲良くなってて、
凄く素敵だとおもいました。嬉しかった。

そして今日は朝お世話になったメイさんと泣く泣く分かれて香港へ。

香港ではゲイリーさんにお世話になってます★
今日はゲイリーさんに案内してもらって
こちらもtricotのCDを置いてくれている「WHITE NOISE RECORDS」へ
%E5%86%99%E7%9C%9F%201-3
(Photo by VIOLA)

凄く雰囲気のいい場所

%E5%86%99%E7%9C%9F%205-4
(Photo by VIOLA)

%E5%86%99%E7%9C%9F%204-1
(Photo by VIOLA)

%E5%86%99%E7%9C%9F%203-3
(Photo by VIOLA)

ちょっとリラックスしすぎかな。。。?笑

%E5%86%99%E7%9C%9F%205-2

私はtoeのTシャツ買っちゃった!!!
背中にWHITE NOISE RECORDSって書いてある!

この子は猫の「うどん」君。
%E5%86%99%E7%9C%9F%205
(Photo by VIOLA)

きゃわい〜〜〜
でもちょっとシャイ。

その後は少しぶらぶらして、ご飯!!

%E5%86%99%E7%9C%9F%201-1

香港もおいしい〜〜〜
酢豚と麺???みたいなのと、卵とチャーシューのやつがおいしかった!
なんじゃそりゃ!!
全部おいしかったけど、とくにね!

そして海!!!!
%E5%86%99%E7%9C%9F%202-1

奇麗すぎた!
これは写真と言葉では伝えれない。。。。。

香港でのライブは明後日!!
台湾と違って初めてやから緊張するけど
楽しんでもらえるように、自分も楽しめるように、
がんばろうっ!

以上!途中報告!!!!

番外編
台湾で占いにいったよ〜
みんな当たりすぎててすごかった!
人生初めての占い!!!

%E5%86%99%E7%9C%9F%205-3

後ろの真ん中の人が占ってくれる人なんやけど、
こんな芸能人も来ました!って写真たくさん貼ってたんやけど
全部このポーズでした!!!!

「苗字当てます。外れたら占い無料」
って書いてあったからなってもらったら中嶋当てられた!

うん、おやすみなさい★


大切なお知らせ / Announcement (*English below)

いつもtricotを応援していただき誠にありがとうございます。

先ほど、USTREAM生中継において本人の口から発表致しましたが、tricotのドラム・komaki♂が2014年3月27日に大阪・梅田AKASOにて行われるワンマンライブ「帰ってきたトリコさん」のステージを最後にバンドを脱退することとなりました。

いつも応援して頂いているファンの皆様には大変残念なお知らせとなってしまい申し訳ございません。また関係者の皆様にもご迷惑をおかけ致します事、心よりお詫び申し上げます。
音楽性の不一致に目を背けず、メンバー、スタッフで何度も話し合いを重ねた上での結論です。何卒ご理解ください。4月以降の既に出演が決定しておりますライブ・イベントに関しましてはサポートメンバーを迎えて行う予定です。

今後もtricotの3人と、ドラマーkomaki♂の活動にご期待頂ければ幸いです。

BAKURETSU RECORDS

—————————————

先ほどUstreamでご報告しましたが、3/27梅田AKASOでのライブを最後にtricotを脱退することにしました。

理由は色々とありますが、強いて言うなら音楽性の違いです。
バンドの解散や脱退にはよくある話ですが、行き詰まってもう前に進めない。というよりも、お互い最善の状態でこれからも前進していく為の必要不可欠な選択でした。

自分やメンバー、ファンの方々を騙し騙しtricotを続ける事はある意味簡単だったかもしれません。でも、自分達のやりたい事だけをやる!っていうのがtricotなんです。

右も左も分からないで自主レーベルを立ち上げたり、tricotMovieなんて馬鹿な動画をUPしたり。変拍子で人を踊らそうとしたり。

そんなtricotが今回も自分達の気持ちに1番素直に従った選択が僕の脱退でした。

脱退というのはファンの方々には決して良い報告ではないかもしれませんが、これから先も続く僕と、tricotの音楽活動は絶対に良い方向に向かうと確信しています。

これからはtricotのkomaki♂では無くなりますが、ドラマーkomakiとして、また新しいバンドのkomakiとして、きっとみんなの想像を越える音楽活動をしていきます。

心配ご無用。
期待だけして待っていて下さい。

残りのLIVEはいままで以上に最高で、伝説になるようなLIVEを約束します。
3年間本当にありがとうございました!!!

komaki♂

—————————————

最悪のお知らせです。
発表があった通り、tricotからDrumのkomaki♂が脱退します。
元々キダ モティフォ、ヒロミ・ヒロヒロ と私、中嶋イッキュウの3人で始めたtricotに、komaki♂が加入してから、約3年間。
ただでさえ女の子3人の中に男一人で、やりづらい事もたくさんあったやろうし、手のかかる性格の3人だったので、この3年、本当にkomaki♂にとっては大変なことの方が多かったんじゃないかと思います。

女と男とか、年齢の差とかじゃない部分で、komaki♂とそれ以外のメンバーとでは、音楽に対して根本的にすれ違うところがありました。
きっと、人間同士なので、何においても完全一致なんて事はありませんが、tricotのこれからの活動への野望が大きくなるにつれて、そのメンバー内の小さなズレを見過ごしていてはこの先へ行けないと思い、お互いに同じ方向を向けるよう皆で何度も話し合い、わかり合おうと努力しました。

その度にkomaki♂は私たちと、tricotというバンドと、そして自分自身と向き合ってくれました。でも、この四人で続けていくための話し合いは、繰り返すたびに、果たして一緒にやることが正しい事なのか、苦しく感じていきました。
komaki♂は誰から見ても素晴らしいドラマーで、メンバーの中で誰よりもストイックに音楽や自分の人生と向き合っている誇れるメンバーです。
だからこそこの場所でこのまま続ける事は、これからのkomaki♂にとっても、tricotにとっても、とても不健全な事のように感じていました。

きっとこのまま話し合いを繰り返しながら、この四人でバンドを続けることも出来たと思います。
でもそれでは、きっとまたどこかで誰かが無理をして、少しずつtricotが崩れて行くんじゃないかと想像しました。
そして私は、そんな事を思っていながらステージに立ち、いつも支えてくれるみんなの前で歌うことは出来ないと思いました。
本当にピュアな心を持ったメンバー達だと思うからこそ、何かを隠しているような活動は絶対にしたくないし、そして皆知らないところで一人無理をして頑張ってしまうメンバーだと知っているからこそ、わたしから今回のこの話をメンバーにしました。
一番悔しかったのはkomaki♂自身だと思いますが、最後まで何よりも、tricotの事を考えて、受け止めて、今回の事を決断してくれたと思います。

たった四人で始めて、自分達でワクワクしながら最初は本当に何にもわからず、ままごとのようにレーベルを作って、
それが今こんなにもたくさんの人に知ってもらえて、たくさん仲間が出来て、四人で見た夢もたくさんあって、この3年で得たものはたくさんありました。
そして、四人でしか見られない奇跡のような瞬間を何度も見て来ました。
その代償かのように、試練もたくさんあったけど、その度にお客さんや周りの皆に何度も助けられ、危機を皆で乗り越えた事で、バンドも、そして個人も、強くなれたと思ってます。

これからは別々の活動になりますが、今現在のtricotにとって、komaki♂はなくてはならない存在です。何度すれ違っても、3年間苦楽の全てを共にしたtricotのドラマーは、komaki♂しか居ません。
私にとってtricotからメンバーが脱退するという事は、「今までのtricot」が解散するという事と同じだと思います。別れはただ単純に、考えれば考える程、寂しく、悲しいだけですが、最後のアジアツアー、最後の広島、香川でのフェス。そして最後の東京、大阪でのワンマンを全力でやります。
そこから新しいtricotとして生まれ変わるしかないと思っています。
生まれ変わるけれど、「やり直し」ではありません。
この、4人の最大の決断を絶対に無駄にしません。

「今のtricot」は、3月27日で終わります。
でもこの先も、tricotも、BAKURETSU RECORDSも、中嶋イッキュウも、キダ モティフォも、ヒロミ・ヒロヒロも、komaki♂も、一瞬も止まることはありません。

これからも、心からよろしくお願い申し上げます。

中嶋イッキュウ

—————————————

tricotを応援してくださっている皆々様
いつもありがとうございます。そしていつもお騒がせしてごめんなさい。環境を変えることはとても勇気がいります。決断したらあとはやるだけです。
中嶋イッキュウ、キダ モティフォ、ヒロミ・ヒロヒロ、komaki♂、4人のtricotを好きになってくれてありがとうございました。
丸腰で突っ走る女3人、つまりこれからのtricotと、ドラマーkomaki♂をもよろしくお願いします。やったります。

キダ モティフォ

—————————————

みなさん突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい。
この決断に至るまで何度も話し合い、自分達にとってtricotにとってどうすれば良いかずっと考えてきました。
小牧はもちろんtricotにとって大切なメンバーであり、素敵なドラマーだと思います。ですが、気持ちのすれ違いや考え方の違いを無理に隠してまでバンドを続ける意味はあるのか、と思うようになりました。
私はtricotをやっていて、今までたくさんのお客さんに元気や笑顔、勇気をもらいました。みんなが純粋に、心からtricotを好きでいてくれるのが本当に伝わってきます。
そんなみんなに嘘をついてまでtricotを続けるのはとても辛いことです。
そして、この決断に至りました。
3月27日のライブが終われば、私達女子3人と小牧は違う道を歩むことになりますが、お互いに今まで以上に全力で突き進んでいきたいと思っています。
これからもtricotとドラマー小牧の事を温かく見守っていただけると嬉しいです。
最後のライブまでは、今まで通り4人で全力でやっていくのでよろしくお願いします。

ヒロミ・ヒロヒロ

<English>********************************************************

Announcement

We have just announced in Ustream that our drummer, komaki will leave the band after the one-man show at Umeda AKASO, Osaka on March 27, 2014.

We are very sorry to inform this to all our fans and people who always support us. We made this decision after deep discussions, and hope you can understand this. We will perform at the coming shows from April with a support drummer.

We appreciate your continued support for tricot and the drummer, komaki.

BAKURETSU RECORDS

—————————————

As announced in Ustream, I made a decision to leave tricot after the show at Umeda AKASO on March 27.

This conclusion was not made by a single reason but if I had to say, it is the difference of what we want to create and play musically. This was a necessary decision to make for all members to move forward in our best condition.

It might be easy to continue tricot by pretending as if we were doing fine. But tricot does only what we want to do. This is “tricot”. Establishing our own record label without any knowledge or skills, uploading stupid movies named “tricotMovie”, making people dance by the songs in irregular meter and time…

That “tricot” chose my departure from the band by following its honest emotion.

This may not be a good announcement for our fans but I am sure that tricot and my music career will head towards a brighter future.

After the show on March 27, 2014, I will not be the komaki from tricot but I will continue my music career as the drummer komaki and as komaki from a new band and go beyond your imagination.

Don’t worry.
Just look forward to it.

I promise to perform my best ever for the rest of shows of tricot. Thank you so much for your support in the past 3 years!!!

komaki

—————————————

This is the worst announcement.

Our drummer, komaki will leave the band as announced. It has been about three years since komaki joined the band which was established by three members of Motoko “Motifour” Kida, Hiromi “Hirohiro” Sagane and me.

He is the only guy in the band with three troublesome girls and I believe there might have been many difficulties for him.

We sometimes felt that komaki was fundamentally different from the other three members in terms of the attitude or perspective in music, not because of the difference of the gender or age. Maybe, we as human beings would never be the same on everything each other but I thought we could not ignore those differences while the band has stronger ambition and hope to go further and further. And we tried to understand each other so that we could move towards the same direction.

Every time we discussed, komaki tried to understand us, the band and himself more. But as we discussed repeatedly, I had a hard time from questioning if it is right to continue the band together. komaki is a great drummer without a doubt and he is the most hardworking member in us whom I am proud of. This was exactly why I started to feel that continuing tricot in this condition would be unreasonable for komaki and tricot.

I think we might be able to continue tricot with the same 4 members by repeating discussions. But at the same time I could imagine that someone would force himself or herself too hard and tricot would fall apart little by little. I don’t think I can stand on a stage in front of our fans and sing with such feelings. Because I think our members are with pure hearts, I do not want to hide anything and pretend nothing and I know that they would try too hard without saying. So I brought up this issue to the band. It must have been very hard for komaki. But I think he thought through it and seriously made a decision for tricot.

We didn’t have any knowledge but started our own record label excitingly together. And now many people started knowing us, we have many friends and crews now, we have dreamed many things together, and we have achieved many miracle moments that only four of us could achieve. There were also trials and troubles but our fans and people around tricot were always supporting us. Thanks to them we went through such trials and grew up as both a band and an individual.

We will go separate ways but for today’s tricot, komaki is essential. He is the only one drummer who shared all our joys and sorrows in the past three years. So, for me, member’s withdrawal means the same thing as the break-up of the current tricot. Farewell is just sad. But we, four of us will do the best performance for the last Asia tour, last festivals in Hiroshima and Kagawa and the last one-man shows in Tokyo and Osaka together.

And then, all we have to do is create new tricot. We will be re-born but not start-over. We will never waste this important decision made by four of us.

Today’s tricot will end at March 27. But tricot, Bakuretsu Records, Ikkyu Nakajima, Motoko “Motifour” Kida, Hiromi “Hirohiro” Sagane and komaki will never stop even for a moment.

Thank you for all your support and I hope you will continue to support us.

Ikkyu Nakajima

—————————————

Dear fans and people who always support us,

Thank you for your support as always. And I am sorry for frequent fuss. It requires courage to change an environment. After making a decision, we will just do it.

I appreciate that you liked tricot of Ikkyu Nakajima, Motoko “Motifour” Kida, Hiromi “Hirohiro” Sagane and komaki. Please continue to support for three bare girls, which is the new tricot, and drummer komaki. We will make it.

Motoko “Motifour” Kida

—————————————

Our dear fans, I am sorry for this sudden announcement.

We had discussed many times and I had been thinking of what was good for us and tricot until we made this decision. komaki is an important member for tricot and also a great drummer. But I started to doubt if we should continue the band with a member who has different thoughts, values and perspectives as hiding such differences.

Our fans have been giving so much energy, smiles and courage to me as a member of tricot. I can feel your genuine and pure love for tricot. Therefore, it is hard for me to lie to you and continue tricot.

So, we made this decision.
After the show on March 27, three of us and komaki will go separate ways but we will go forward more strongly ever. I would be grateful if you could keep on supporting tricot and komaki. Until the last show with the current members, we will keep our full efforts.

Hiromi “Hirohiro” Sagane