女心と秋のツアー

こんにちわ(・ω・)
だいぶんblogをサボっていた中嶋です!
サボってる間にまた、色々ありました。
そう、10月2日にフルアルバム『THE』をリリースして!
10月19日から14本。ツアー回ってました。
1stフルアルバムのレコ発ってことで気合い丸出しでしたけども。
途中、ギターキダさんの怪我の治療で
ちょうど真ん中の8本目から、急遽アコースティックでツアーを回る事になりました。
バンドとしてキャンセルする事が確定して、でもどうにか、
皆に会いたいって気持ちだけで、無理矢理行かせてもらいました。
人生で初めての弾き語り、それはそれはもう、もちろん私は死ぬほど緊張したし
自分がやりたくてやってるわけやけど、ひとりでステージにたつのはとても怖かったし、
お客さんも、本当はtricotを見に来てるのに申し訳なかったです。
でもひとりでも何かやろう!ステージに立とう!って思わせてくれたのは
やっぱりヒロミさんのおかげでした。
最初に「tricotでライブが出来ない」って決まった時、
一番に「アコースティックでもやってみようよ」って言い出したのはまさかのベーシストのヒロミさんでした。
しかも「わたしがアコギ弾くから」という。
ライブキャンセルが決まった二日後がもうライブだったので、
その日に「おやすみ」をアコギ弾いた音が送られて来て、
翌日すぐにスタジオに入りました。そこで、1曲じゃだめだなってなって、
わたしも一人で「laststep」を歌う事に決めて、
komakiのカホンも入れた「爆裂パニエさん」の3曲を演奏する事に。
そこでヒロミさんが「パニエさんはキーボード弾く」と言い出し
わたしの弾き語り「laststep」
ヒロミさんのアコギ&私の歌で「おやすみ」
こまきのカホンとヒロミさんのキーボードとわたしのギター&歌で「爆裂パニエさん」
の3曲を演奏する事が決定。
その日ヒロミさんは慣れないアコギを持ち帰って猛練習。
次の日がアコースティック初ライブ。
いつもと全然違う気持ちで、
不安もたくさんあったけど、来てくれたお客さんに
「弾き語り聴けてよかった」とか、「バンドでまた来てください」って
言ってもらえて嬉しかった。
対バンの皆にも突然の事で迷惑かけたのに
心配してもらったり、元気づけてもらって、本当に感謝してます。
その後のライブでは曲増やそうよってなって、ヒロミさんがさらに頑張ってた。
タラッタラッタを、ピアノでまるまる、弾き語り用にアレンジしてくれて
毎日毎日ホテルにキーボードをしょって入って
毎日キーボードをしょって集合場所に来る。
リハ前もリハ中も、リハ後も一生懸命練習してて
本当に頼りになったし、アコースティックで回ってた期間、
本当にたくさんの人に勇気づけられたけど
私はきっと一番は、ひろみさんに勇気づけられたと思う。
ひろみさんのおかげで自分も慣れないなりに頑張れたと思うし
良い歌を歌えたと思うし、
タラッタラッタのピアノバージョンをライブで初めてやって、成功したときは
二人ですぐに、録ったライブ映像を見て、ガッツポーズ!!!したかどうかは覚えてないけど
そんな気持ち。よっしゃーーーーーってゆう。
そのときはいつ先輩の怪我が良くなるのか、
いつまたギターを弾けるようになるのかすらわからなかった
ピンチのような状況やったけど、
不安はなかった。なんとかなるし、なんとかするし、
ピンチをチャンスに変えれる気がしてたというか実感もあった
それは近くに居るメンバーの、ピンチに立ち向かう姿勢とか、
姿は見えへんけど、頑張ってるであろう先輩への信頼とか。
そうゆうのは、こうゆうことになったやつにしか感じられへん。
本当にたくさんの人に迷惑もかかったけど
全然良い理由ではないかもしれんけど、
またその場所に行きたい強い理由にもなったし
こうやってまた帰って来れた今のtricotはとても強くなれた自信があるので
これからも見守ってもらえたら嬉しい。。。
いや。いやでも、耳に入ってくるように、目に入ってくるように
私が頑張ります。
必ず岡山にも行く。

沖縄から、先輩がライブ復帰したいってゆってくれて、
ライブキャンセルするにあたっても、ライブ復帰するにあたっても
一番苦しかったり、不安やったんは絶対先輩やし
そう言ってもらえて、ほんまにうれしかった。
久々に会って、スタジオに入ったときは、久しぶりのバンド演奏で、
「うるさっ!」って思った
アコースティックに慣れてたから。笑
でもそのうるささが、もの凄く嬉しかった。

復活一発目となった沖縄は、初めて行くのにお客さんいっぱいで、
あったかくてほんまに素敵な場所やった。
そしてファイナルの渋谷QUATTRO。
前回のワンマンはギリギリでソールドせず。
それではソールドと言いたくなかったので
もう一度クアトロで。

今回はSOLD OUT!!!!
正真正銘一番後ろまで!みーんな!tricotのライブ見に来てる!!
この景色が見たかった〜〜
って思いながら、まんぱんのクアトロ見てた。
皆笑顔で楽しそうで、嬉しかった。
絶対最高の日にしたくて、準備期間もあんまりなかったけど
その日の為にいっぱい新しい挑戦した。
でも始まってみたら一瞬で、
2時間、あっとゆうまやった。

でもほんまにたのしかった。

そして、追加公演の
大阪2nd LINE
爆祭。キュウソネコカミとAlaskaJam
本当にありがとう。
キュウソにはツアーでも色々助けられました。
ふたバンドとも、5月に行われるはずやったこの爆祭が
公演中止になったあとにも
キュウソの2マンシリーズに誘ってくれたり
Alaskaの自主企画に誘ってもらったり
助けてくれました。
音楽にも凄く何度も何度もすくわれました。
ついに出来た爆祭。
あれから半年以上経ってるけど
あのときの悔しさは忘れるわけない。
皆に、会えへんくなった悔しさ。
皆を、悲しませて、不安にさせてしまいました。
きっとこれからも忘れる事無いやろっておもってた。
でも、爆祭、始まった瞬間、皆に吹き飛ばされました。
会場はソールドアウトでまんぱん。
感無量でした。
ツアーの事とか色々思い出したり、
関西のバンドやから、関西のいつものお客さんとか
遠くから来てくれてるお客さんとか
たくさん見えて、何ともいえない気持ちになりました
今回こうやってまたキュウソとアラスカジャムが
忙しいのに予定会わせてくれて
セカンドラインも協力してくれて
本当にたくさんの人に、ありがとうです。
前回、中止になった公演を見るはずだった人、
でもリベンジ来れなかった人、居ると思う
でも爆祭はまだまだ続けます。
日本一の祭りになるまでやります!
また来てください。お願いします。

こうして、
色々あった「女心と秋のツアー」が終了しました。

そして。

3月20日赤坂BLITZ
3月27日梅田AKASO
ワンマンやります。
ビビってます。
でもこのツアーまわって、ワンマンソールドして爆祭リベンジもやれて
やっと次に行けるって思ってます。
やれる気がしてます。
いっしょに行ってもらえたら嬉しいです
うまくいえないけれども。ほんでめっちゃブログ長いし
もう朝やし。

でも、よろしくお願いします。

どこまでもついて来てください!!

(ブログも頑張って更新します)

(あ!)

(12月18日に新曲発売されましたよ)

(スーパーサマー)

(既にライブで盛り上がりまくってるんで)

(乗り遅れないようにね!)

(一緒にスーパーサマーて叫びましょう!)

(詳細http://jungrayrecords.com)

(そう、コンピ)

(聴いてね★)

イッキュウマン