A N DにさらにA N Dしたい言葉集

tricot 2nd Full Album

「A N D」

7日間限定全曲試聴開始記念

中嶋的

聴きながら読んでほしい

A N DにさらにA N Dしたい言葉集。

1.[Noradrenaline]

一度口にした言葉は取り消せない。
わかっていても、またつまらない言葉で大事なものを失ってしまって
なんとなく気まずくなって、次の日
「おはよう」すらうまく言えなくなってしまった。
言葉以外の、いろんな部分を使ったけれどそれでは伝わらなかった。
大人になっても変わらないなぁ。
そんな時は、あの人を思い出す。

2.[走れ]

世の中に口はたくさんあるし、
お口に合わないこともあるでしょう。
わたしは確かにたいしたことはないけれど、
知らない誰かのために自分を変えることなんて出来ないし
手を貸してくれる人がいるなら、
もう振り返らずに
その手を掴んで
前に走り続けようと思う。

3.[E]

こんなこと言いたいわけじゃなかったのになぁ
なんならこんな事を歌いたいわけじゃないのかもしれないなぁ
でも本当ってなんだっけ?
そんなことよりも早く明日へ行こう。

4.[色のない水槽]

その水槽はもうずっと前からぬるくなっているし、濁ってるのに
気付かずに泳いで観賞されている真っ黒な貴方はとても情けないけれどちょっと嬉しい。
真っ白なわたしとよく似ている。

5.[神戸ナンバー]

あの日、歯を磨いていたのは自分の為じゃなかった。
帰り道、急に孤独を感じるのは、孤独じゃないからだと思い留めた。
どんどんわからなくなるのは、知りたくなり過ぎているからだと気付いて、
勝手に負けたみたいで、悔しかった。
でも、思い出ばかりじゃ生きられない。

早く車に乗りたい。
向き合うと貴方は怖い顔をするから
ずっと隣に居たい。

6.[消える]

全ての境目は束の間。
いつのまにか、まるで霧のように。

7.[ぱい〜ん]

私には理由があった。
一歩踏み出せない理由があった。
それはつまらない映画にも、
ダサい音楽にさえもならないような、
どうしようもなく些細なテーマだと気付いてもいた。
雨はもうとっくに上がってしまって、
外に出ない理由を他に探さなくてはいけなかった。
本当はちゃんと息をして、
ただ此処に居るだけの私を認めてほしかった。

8.[食卓]

幸せな食卓に飾られた朝食は
整っていて味気なかった。
いくら摂取したって心は空っぽだった。
その食卓はまるで、目覚めるといつも消えてしまう君のようだった。

9.[庭]

彼女が嫌がっていたそのコンプレックスは、
私にとっては彼女だけが持っている特別なもののようで、
羨やましかった。
もうクセになってるし、もうバカになってる。
誰にも止められないし、どうしようもないから、
彼女は誰も知らないダンスを踊っていた。

10.[CBG]

今日は何も聴きたくないのに
ただの沈黙を探しても、沈黙など存在しなかった。
乾燥した空気の軋む音を聴いて、
全部デタラメだった事に気付いただけだった。

11.[QFF]

本当はどっちかにして欲しいのに
どっちなのか知る事がとてつもなく怖いから、
結局ずっとここに居るけれど、
貴方はまるで猛毒のようで、
私は少しずつ、私を失ってしまう。
もう何度だって押し殺している気持ちは、
何度だって同じように生まれ変わる。
違う自分になれたら楽なのに。
それでも今日もまた、
貴方の言葉を待っている。

12.[Break]

これが全てだと決めつけていた
自分の全てだと
けれど無くしてしまったら
なくす前の方が辛かったんだという事に気付いた
もうやるしかないな。
どこからか力が湧いてきた
やれる気がした。
何をやれるのかは、わからなかった。
でもその日の帰り道は、
間違いなく、息が荒くなっていた。
誰もがバカにするようなうわ言が
自分の胸の中でどんな星よりも
キラキラ光った
その気持ちを忘れたくなかった。

きっと、
あの日々を忘れはしないだろう。
なかったことにも出来ないだろう。
けれど、きっと今の私なら、
貴方に頼りきっていた20cm四方の
その先へ飛び出せるから
正しい定規はやっぱり捨てる事にした。
簡単なことではないけれど
さようなら、オレンジ。

[A N D]

少し風邪のふりをして
あなたの気を引きたい
でもそんな簡単な嘘もつけないくらい
不器用な自分を
本当は愛して欲しい

慣れないことで失敗して
あなたの気を引きたい
でもそんな簡単な駆け引きもできない
つまらないわたしを
本当は愛して欲しい

アルバムの中では
少し風邪をひいたり
慣れないことで失敗したり
笑ったり、ぶつけたり、
信じたり、思い出したり、
下を向いたり上を向いたり、
少し、せわしないけれど
そんな事が出来たと思います。
楽しませることが出来たら嬉しいです。

わたしはとても、楽しかったです。

*おまけ*

初回盤特典

[御尻爆弾]

強がって、飾って、曲げ続けていた少女の心は、御尻爆弾との出会いにより、儚く美しく真っ直ぐだった事に気付かされる。

ω

中嶋イッキュウ爆弾


コメントは受け付けていません。